未来に繋げ豊かな地球

建築設計・監理

建築設計・監理建築設計は 『意匠』・『構造』・『設備』 という3要素の設計で構成されています。建物とはこの3要素が相互に親密に関連しあい構築されています。

当社は 『意匠』・『構造』・『設備』 という『総合設計』を通してお客様の信頼にお応えしていく事をモットーとして参ります。

設計対象

  • 特殊建築 (病院、学校、体育館、大型商業施設、他)
  • 一般建築 (商業、住宅、集合住宅、他)
  • 意匠設計

    意匠設計当社はお客様への適切なアドバイスを行い、希望されるイメージを具体的なご提案の形にして、お客様の立場に立った意匠設計を行います。

    各種医療福祉施設、教育関連建築物、集合住宅や多目的ビルから戸建て住宅の設計まで幅広く建物設計に対応してまいります。


    構造設計

    構造設計は建物の構造的性能を満たす重要な設計項目です。必要とされる耐震性能を満たし、建物の美観に優れた意匠を実現し、その強度を保証する設計を行います。

    なお、設計にあたってはお客様とのコミュニケーションを綿密に行いながら、目的にマッチした構造を実現します。住宅の設計まで幅広く建物設計に対応してまいります。

    設備設計 

    設備設計では、意匠、構造各設計と連携と相互確認を取りながら、お客様に対して環境保全を意識した太陽光を含めた自然エネルギーの有効活用や省エネ機器(LED照明等々)等を効率的活用した資源の有効活用など、提案を行いながら設備の設計を行っていきます。

    建築分野の二酸化炭素の排出量は、日本全体の総二酸化炭素排出量の約1/5を占めると言われています。また、そのうちの約70%は設備の排出によるものとなっています。  

    今後の設備設計にあっては、より環境を意識したものでなければなりません。

    コストパフォーマンスの実現 

    コスト設計においてはお客様のご要望や建築上の基準、外的条件を整理した初期費用(工事費等々)の算出とLCC(ライフサイクルコスト)の算出等経済性を考慮したご提案を行います。
    また、工事発注支援業務として施工業者の選定から価格交渉等、全般にわたる支援を行います。

    ※ LCC(ライフサイクルコスト)・・・建築設計費、建設工事費(イニシャルコスト、運用管理費(ランニングコスト)等建築物の存続中のすべてのコストです。住宅の設計まで幅広く建物設計に対応してまいります。

    工事監理

    指定された、設計仕様に基づき法的定めに準拠した工事監理業務を行います。

    施工業者に対し、設計思想、守るべき法令、基準に基づき正確な指導を行い、お客様の求める品質を実現した建築物を求められる工期で提供します。