未来に繋げ豊かな豊かな地球

地上測量

基準点測量

測量の核となるもので、計測方法も三角測量→ セオドライトと光波測距儀→ トータルステーションやGNSS(GPS)測量と、測定機器等の進化がめざましい測量です。
当社では、国土地理院の四等三角点測量・都市再生街区基準点測量や、各自治体の公共基準点測量を行っています。
地理空間情報専門技術者の資格を有しています。

水準測量

基準点測量と並んで高さの核となるもので、計測方法も チルチングレベル→ オートレベル→ バーコードレベルと測定機器は進歩しましたが、観測方法は変わらず人員を削減し辛い測量です。

平板測量

平板→ トータルステーションを使った電子平板と進歩し、トレース→ 電子データになりました。
今後は、3D(立体)計測に移行しつつあります。

  • 『3Dレーザスキャナ計測』へ
  • 路線測量

    主に道路の決定した中心線を現地に復元し、その中心線上に縦断測量を行い、また、中心線に対して直角方向の横断測量を行い、縦断図・横断図を作成します。
    3D(立体)計測を行うと、中心線・縦断・横断測量の現地作業が不要となり、経費の削減となります。

  • 『3Dレーザスキャナ計測』へ
  • 河川測量

    主に河川の経年変化(形状変化や堆砂)を把握するために、定期縦断・横断測量を行います。

    工事測量

    実務から派遣まで行います。  施工管理も3D(立体)で。

  • 『3Dレーザスキャナ計測』へ
  • GNSS(GPS)測量

    GNSS(GPS)測量2基準点測量の主流になりました。計測方法には、
    スタティック ・短縮スタティック ・キネマティック ・VRS等があります。
    GNSSとは、 「Global Navigation Satellite Systems(全地球航法衛星システム)」の略で、原子時計を搭載したGNSS衛星の電波を受信機がキャッチして緯度経度を測定し、位置等の計測を行う技術です。
    当社はGNSS(GPS)測量機を7台所有しています。

    GNSS(GPS)測量1