未来に繋げ豊かな地球

作業手順

(1) 飛行計画を立てる

県・市町村・自治体によっては飛行可能地区であっても申請・許可が必要です。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域国土交通省HPより


(2) 地上: 基準点測量 + 対空標識の設置

測量基準点より対空標識を観測することにより、X座標・Y座標・標高を持たせ、写真整合時にUAVデータとの精度・誤差の確認を行います。
また、合成したオルソ画像に縮尺を設定します。

対空標識設置
@対空標識設置
標定点観測
A標定点観測

対空標識設置位置
対空標識設置位置


(3) 自動飛行・撮影設定 (アプリ Pix4D 使用)

装備されているGPSにより、予め設定しておいた飛行経路での自動飛行・撮影を行います。

自動飛行・撮影設定


(4) 写真撮影

設定された自動撮影に加え手動での撮影も行います。

植生の根元(枝木で陰になる部分)や法面等の斜面を真上からだけではなく、角度をつけて撮影することにより3次元データ作成の精度を上げる為に行います。

これは上空からの撮影でなくても、手持ちのデジタルカメラの写真を使用しても合成可能です。

※安全に撮影飛行をする為、悪天候(雨:防水機能なし 風:風速5m以上)では作業を行いません。

飛行の様子 上空から撮影


(5) 写真整合・精度確認・データ作成 (使用ソフト Agisoft Photo Scan)

撮影した写真を地形や色等を判別し、ソフト内で自動合成を行います。合成後、対空標識を測量した結果を設定し、精度・誤差の確認を行い最終データの作成になります。

写真整合・精度確認・データ作成

作成データへ>>