未来に繋げ豊かな地球

調査事例(災害) 平成28年豪雨災害

【2016年(平成28年)10月撮影】

本被災箇所は突き出した地形であり、従来の災害写真撮影では数枚の写真を合成していましたが、UAVで撮影すれば1枚の写真で被災延長が確認できる写真となりました。

町の担当者並びに、査定官からも非常に分かり易いとの評価を頂き、従来であれば現地査定となるところ、机上査定となりました。

人員の削減と作業時間の短縮にも繋がりました。


災害全景写真

 


UAV撮影 豪雨災害(山間部崩土)




UAV撮影 豪雨災害(農地)