Pride 徹底したプロの仕事

ジャパックスの業務は建設にかかわる多岐にわたります。
その業務のすべてが皆様の生活に関わるとても大切な仕事です。

地上測量

3Dレーザスキャナ計測

利用者ニーズの多様化に対応

i-Construction等利用者ニーズの多様化が進む現在、測量に求められるニーズも多様になってきています。その多様性に応える計測 方法が3Dレーザスキャナ計測です。
3Dレーザスキャナ計測で取得する空間情報は、点群という新しい概念でデータ化され、その圧倒的な情報量によりパソコン内に現場を再現し、あらゆるニーズにお応えします。

3Dレーザスキャナで計測するメリットは?

見える範囲の全ての空間情報を取得しますので、現場情報の見落としによるリスクを最大限に回避します。
当社社員が、提案・相談に参りますので、吟味して頂き、『活用フィールド』の提供をお願い申し上げます。

測地・地形測量

基準点測量

i-測量の核となるもので、計測方法も、三角測量   セオドライトと光波測距儀   トータルステーションやGNSS(GPS)測量と、測定機器等の進化がめざましい測量です。
当社では、国土地理院の四等三角点測量・都市再生街区基準点測量や、各自治体の公共基準点測量を行っています。
地理空間情報専門技術者の資格を有しています。

水準測量

基準点測量と並んで高さの核となるもので、計測方法も、チルチングレベル   オートレベル   バーコードレベルと測定機器は進歩しましたが、観測方法は変わらず人員を削減し辛い測量です。

現地測量(地形測量)

平板   トータルステーションを使った電子平板と進歩し、トレース   電子データになりました。
今後は、3D(立体)計測に移行しつつあります。

路線測量

主に道路の決定した中心線を現地に復元し、その中心線上に縦断測量を行い、また、中心線に対して直角方向の横断測量を行い、縦断図・横断図を作成します。
3D(立体)計測を行うと、中心線・縦断・横断測量の現地作業が不要となり、経費の削減となります。

河川測量

主に河川の経年変化(形状変化や堆砂)を把握するために、定期縦断・横断測量を行います。

工事測量

実務から派遣まで行います。施工管理も3D(立体)で。

GNSS(GPS)測量

GNSS(GPS)測量は1~3級基準点測量の主流になりました。計測方法には、スタティック・短縮スタティック・キネマティック・VRS等があります。
GNSSとは、「Global Navigation Satellite Systems(全地球航法衛星システム)」の略で、原子時計を搭載したGNSS衛星の電波を受信機がキャッチして緯度経度を測定し、位置等の計測を行う技術です。

航空測量

UAV(ドローン)

UAVとSfM/MVS技術を用いた三次元計測

  • UAV:Unmanned Aerial Vehicle(無人航空機)
    国内では「ドローン」の名称が多く使われています。
  • SfM/MVS:Structure from Motion / Multi-View Stereo
    動画・静止画からカメラ位置を推定し、三次元形状を復元する技術です。コンピュータービジョン(CV)分野の技術になります。

2つの技術を併用することで、比較的簡易に空中写真を撮影し、 オルソモザイク画像と地形情報・構造物の三次元モデルを作成可能です。

MOVIE UAV(ドローン)撮影動画

UAV(ドローン)について(国土地理院HP「UAVによる公共測量」より)

国土交通省国土地理院では、無人航空機(UAV:Unmanned Aerial Vehicle 通称ドローン)を測量で使用できるように、「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」及び「公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準(案)」が作成され、平成28年(2016年)3月30日に公表されました。また、「三次元点群データを使用した断面図作成マニュアル(案)」が平成28年6月30日制定されました。
これらのマニュアル(案)及び安全基準(案)は、公共測量だけでなく、国土交通省が進めるi-Construction測量作業において適用することを前提にされており、測量業者が円滑かつ安全にUAVによる測量を実施できる環境を整え、また、建設現場における生産性の向上に貢献するものです。

UAV(ドローン)の用途の可能性

  • 鳥瞰撮影(動画・静止画)が安価(セスナ機・ヘリコプターに比べ1/2程度)で可能
  • 種々の災害(地震・豪雨・火災・事故等)の初期データの確保(初動行為を迅速に対応)
  • 橋梁点検で、高所作業車等が使用できない塔柱の高い箇所の損傷箇所の確認(動画・静止画)が可能
  • 静止画像から3次元データへ

ICT活用工事における、3次元起工測量・3次元データの作成・3次元出来形管理での実績も多数あります。
今後は、レーザードローンも活用して、多種多様な用途での使用が可能と考え研究していきます。

水路測量

マルチビーム深浅

海・港湾・運河・河川・湖・池沼等の水深や泥厚等を計測します。また、浚渫工事前に必要な音波探査・磁気探査等の調査を行います。

地籍測量

用地・地籍測量

用地測量は、法務局を中心とした公図等の調査から始まり、各関係機関での詳細な調査・協議を経て、各権利者との立会を行い、境界測量を行います。
各権利者の同意の上、面積計算や各関係図面を作成し、地図訂正・地積更正・分筆登記・地目変更等を行います。行政書士・土地家屋調査士・司法書士と綿密な協議を重ねながら行います。
地籍調査…地籍調査管理技術者、地籍主任調査員の資格を有しています。

文化財調査

主にUAV(ドローン)を使用し、遺跡を垂直撮影した航空写真を利用して詳細な平面図(S=1/20・1/50)を作成します。
石垣調査などは、TLS(3D)を使用し、3次元での計測・管理も行っています。

当社では、姫路城や熊本城の石垣計測も行いました。

その他調査

  • 舗装点検などの構造物調査
  • 交通調査
  • 環境調査

など

各種台帳作成

道路台帳・河川台帳・公園台帳・緑地台帳・橋梁台帳等と台帳(各種台帳図・調書等)を作成します。
各種の図面・資料等を整理し、管理を主とするための台帳に作成します。

地理情報システム(GIS)

道路台帳・河川台帳・公園台帳・緑地台帳・橋梁台帳等と台帳(各種台帳図・調書等)を作成します。
各種の図面・資料等を整理し、管理を主とするための台帳に作成します。

データ入力業務

道路台帳・河川台帳・公園台帳・緑地台帳・橋梁台帳等と台帳(各種台帳図・調書等)を作成します。
各種の図面・資料等を整理し、管理を主とするための台帳に作成します。